本文へスキップ



 長浜市立伊香具小学校

TEL:0749-82-2209

〒529-0431 滋賀県長浜市木之本町大音1114番地


  

news新着情報  

        
2022年4月1日
令和4年度版に更新しました。

学校生活※スクロールすると以前の様子が見られます。

  • 6月24日 5年生 学びの実験室

5年生が、長浜バイオ大学に行き、「学びの実験室」との実験講座を受講しました。この事業は、長浜市・長浜市教育委員会と大学が連携して理系人材を育てるために、バイオ大学の先生方が、小学生に理科の実験や観察の面白さを体験させてくださる大変魅力的な学びの機会です。
 5年生では、理科の学習で「魚のたんじょう」を学習しているところですが、その内容を補い、さらに発展的な観察をしました。子どもたちは、双眼実体顕微鏡の使い方を学んでから、ブラインシュリンプやメダカの卵、アフリカツメガエルのオタマジャクシの観察をしました。ブラインシュリンプの卵を観察すると、ふ化途中のものや幼生などをはっきり観察でき、夢中になって顕微鏡をのぞいていました。メダカの卵については、今日生まれたもの、2日目、4日目、7日目、10日目の五段階ものを準備していただき、目や心臓、血液の流れなど体ができていく様子からたくさんのことに気づき、熱心に記録しました。iPadで写真や動画を撮り、事後の学習の準備も行いました。この後、学校でこの写真や動画を用いながら、iPadでレポートを作成する予定です。バイオ大学の先生方の話も分かりやすく、理科への関心が高まり、大満足の体験となりました。
 お世話になりましたバイオ大学の先生、関係の皆様方、どうもありがとうございました。

  • 6月21日 児童会リレー大会

2校時に、児童会の運営委員会の子どもたちが企画したリレー大会を実施しました。全校児童が赤・青・黄の3色に分かれ、低・中・高学年別のバトンリレーと二人三脚や馬跳びなどの10種目を組み合わせた全校児童によるトロピカルハッピーリレーの2種目のリレーで力を競いました。陸上競技というよりは、本校のたてわり活動としての仲間意識を高めるための取組です。司会進行、あいさつ、表彰まで、すべて運営委員会の子どもたちの手で進めました。
 第1部は学年部別のリレーでした。低学年は、折り返しリレーを力いっぱい頑張りました。中・高学年は体育の時間に取り組んだバトンリレーをしました。力強い走りとバトンパスに迫力がありました。
 第2部はトロピカルハッピーリレーでした。それぞれの種目を頑張る友だちに声援を送りました。5・6年生が下級生に励ましたりアドバイスしたりして優しく接する姿は、教員にはできないよさが感じられました。結果はどの色も同点で全色一位でした。
 十分な練習ができませんでしたが、みんなが「やり切った」「楽しかった」と笑顔で終えることができました。この種目は、10月の運動会で再度実施します。さらに力と仲間意識に磨きをかけ、運動会でもっとかっこいい姿を披露しましょう。

  • 6月20日 水泳・水遊びが始まりました

先週は気温・水温が上がらず中止となりましたが、この日は絶好のコンディションで、七郷小学校のプールをお借りして、今年度初めての水泳・水遊びの学習ができました。本校は、バスで利用するため、全校が2時間続きで行います。七郷小学校のプールは、とてもきれいでした。子どもたちは、最初に水に入るときはこわごわでしたが、水に慣れてくるととても気持ちよさそうで満面の笑顔でした。
 1年生は初めての小学校プールにも全く臆せず水遊びを楽しみ、2年生は1年生に手本となる姿を見せながら、楽しく水に親しみました。3年生は、顔をつける練習と体の力を抜いて浮く練習をしました。4年生は、けのびからバタ足へと泳ぐ距離を伸ばしていきました。5・6年生は、水に浮く感覚を思い出すとクロールに取り組みました。
 今年は、たくさん泳げるように、そして水の事故にあわない知識と技能を身につけるように、水泳・水遊びの学習に取り組んでいきましょう。

  • 6月17日 児童会リレー(トロピカルハッピーリレー)の練習

健やかタイムから中休みにかけて、児童会リレー(トロピカルハッピーリレー)の練習をしました。14日(火)に体育館でやり方を確認し、この日が本格的な練習でした。
 練習が始まると、各色の6年生が、てきぱきと指示を出します。やり方をアドバイスしたり励ましの言葉をかけたりしながら、スタート位置まで連れていきます。1・2年生の種目のときには、5・6年生がそばを走りながらサポートをします。どの子も全力疾走です。5・6年生のリーダーシップと思いやりで、たてわり班の仲間意識、団結する姿勢が高まっていくのを感じます。全校児童が全力で取り組みました。
  6月21日(火)走の9:20から「児童会リレー大会」を予定しています。全校児童が赤・青・黄の3色に分かれて、低・中・高学年別のバトンリレーと恒例の三人四脚やボール運びなどの10種目を組み合わせた全校児童による「トロピカルハッピーリレー」の2種目のリレーで力を競い合います。さらに各色の絆が深まるのを楽しみにしています。

  • 6月17日 6年生 分数のわり算

6年の算数では、「分数のわり算」について学習しています。5年の「小数のわり算」と同様に、中学校につながる重要な学習です。分数のわり算は、わる数を逆数にしてかければよいのですが、分数でわる意味、なぜ逆数にしてかけるのかを考えるのは、6年生のこのときです。
 この日は、ペンキが塗れる量を求める問題場面で、「2/5÷1/3」と立式しました。「えっ、わり算やのに答えが増えるやん」と声が上がりました。そこで、一人一人が分数でわるわけを考えました。高学年らしく、これまでに学習した□を使った式や1あたり量を求める考え方、対応数直線等を使って考えました。子どもたちが考える時間をたっぷりととり、それそれの考えを発表しました。ペンキの量が分数になっても、整数のときと同じようにわり算になることを理解できたようです。
 わる数を逆数にしてかけるわけを考えるのは、次回です。とても丁寧に学習が進められていました。なぜ?と思ったことをみんなの考えを集めて解決し、学びを深めていってほしいと思います。

  • 6月15日 第1回学校運営協議会を開催

本年度第1回目の学校運営協議会を開催しました。学校運営協議会とは、地域の方や保護者に学校運営に参画していただき、地域と学校との信頼関係を深め、学校運営の改善や児童の健全育成、地域と学校との協働による学校づくりを協議し、実現していくことを目的としています。PTA会長様、連合自治会副会長様、伊香具子どもの活動支援会議の皆様に委員を務めていただいています。
 この日は、本年度の学力向上策を中心とした学校経営方針をご承認いただき、7名の委員の方から、伊香具小学校の学習や環境、安全の面で貴重なご意見をいただきました。
(主な話し合いの内容)
・タブレットの活用とともに、子どもたちの話し合いや書くことも大切にして、子どもの教育活動を充実させていってほしい。また、健康面の指導や配慮も気を付けてほしい。
・一人一人の子どもを大切にして、自尊感情を高めていってほしい。
・子どもたちに豊かな体験を可能な限り経験させてやってほしい。
・学校の設備、環境面の整備が必要である。
そのために、学校運営協議会、伊香具子どもの活動支援会議としても協力していくという心強い言葉をいただきました。地域の宝である子どもたちを育てるために、一つでも多く実現できるように努めていきます。

  • 6月15日 ろうかの右側を歩こう!

6月の生活目標「ろうか歩行を考えよう!」の達成に向けて、6月15日(水)から第3回伊香具チャレンジとして、「ろうかの右側を歩こう!」に取り組み始めました。「ろうか歩行日本一の学校をめざそう」を合言葉に、痛い思いをする人やけがをする人を減らし、相手への心づかいが見える学校をめざしていきます。
 5・6年生の子どもたちは、「よりよい学校にしたい」「自慢のクラスでありたい」という思いを持っているので、体育の移動時にも手本となる素晴らしい姿でした。下学年の子どもたちは、ろうかを走ることがかなり減りましたが、つい急いで走ってしまう姿が見られました。しかし、友だち同士、廊下を走らないように声を掛け合う姿も見られました。
 これまでも、ろうかは絶対走らないことやぬれた廊下に気を付けることなどを指導してきましたが、子ども自身が、ルールを守る気持ち、安全に気をつける気持ち、相手への思いやりの気持ち、何か良い心を働かせることができるように、全校で取り組んでいます。

  • 6月15日 1年生 あいうえおであそぼう

1年生は、ひらがなのすべての文字の学習が終わり,この日は五十音カードを黒板に全て並べ、言葉遊びを楽しみました。たてに読んだり横に読んだり、のばして読んだりリズムよく読んだりしました。横に読んでいくと、「横にゆっくり読むと全部最後があいうえおになってる!」と自分たちで気付くことができました。五十音の表の仕組みと母音について理解することができました。そして、一人一人が横に読むことにチャレンジしました。よいところをほめていくと、だんだん姿勢がよくなり、発音もはっきりしていきました。ほめられると自信を持ち、もっとやりたくなる1年生らしい姿でした。
 ひらがなの読み書きの学習が一区切りしたので、これからは、文章を読んだり書いたりする学習が中心になってくるでしょう。教科書を音読する姿が楽しみです。ちなみに、1年生は、6月の詩の暗唱を全員が合格しました。1年生のやる気を頼もしく感じています。

  • 6月14日 2年生 「すてきなぼうし」をつくったよ!

2年生が、図工の学習で、「すてきなぼうし」を作りました。この日は、帽子に飾りをつけて完成させます。国語で
「ミリーのすてきなぼうし」の勉強をしたので、やる気満々です。モールやカラフルテープ、折り紙、ストローなどの材料をばっちり用意しています。それぞれの材料を切ったり曲げたりして、工夫して飾り付けました。「ほう石のかがやくおしゃれなぼうし」「ピクニックに行くお花いっぱいのぼうし」「カラフルですてきなぼうし」「えらばれし者しかかぶれないぼうし」など、一人一人が想像力を働かせて、どんどん飾りをつけていきました。かわいいぼうしやかっこいいぼうし、みんな上手にできました。2時間かけて、2年生の8人が、世界にたった一つだけのオリジナルぼうしを作り上げました。

  • 6月13日 3・4年生 水生生物調査(第2回)

5・6校時、3・4年生が、大音の町中の川へ2回目の水生生物調査に行ってきました。前回とは場所を変えて、調査した川よりさらに南の川を調査しました。今回も、湖北野鳥センターから3名の講師の先生に来ていただいて、さらに詳しい生きものの仲間分けや生きものについての話をしていただきました。
 子どもたちは2回目の調査になるので、初めに、前回の経験から、調査の基本となる水温と気温、川幅と水深、流れの速さを確認しました。そして、小さな生きものを見逃さないよう、進んで生きものを捕り始めました。前回より川の水位が低く、魚は少なかったのですが、前回よりも生きもの探しに熱中し、たくさんの小さな生きものを採集しました。講師の先生と捕れた生きものを分類すると、きれいな水にいる生きものはガガンボの幼虫だけで、カワニナやサカマキガイ、ミズムシなど少しよごれた水にいる生きものが多いことがわかりました。さらにCOD値(化学的酸素要求量)を測定すると、水質が「とてもよごれている」という結果になりました。すぐ近くの川でも川の水質がかなり違うことが分かりました。今回は、調査結果をすぐに記録し、みずすまし調査隊らしい姿が見られました。
 2回の調査で発見したことを比較してまとめ、環境への関心を高めていきたいと思います。

  • 6月10日 2年生 町探検に行きました

2年生が、生活科の学習で、2・3校時に西山・北布施方面に町探検に行きました。先週には大音・田居方面に行き、2回目の探検です。お寺や神社などの歴史のある建物、各字にある公園、友だちの家などを発見していきました。自分の字のことを友だちに教える姿も見られました。公園では少し遊んで、公園にある遊具をメモしていきました。身近なことには関心が高いようです。神社では、かしこくなるようにお参りしました。長い道のりをよく歩きました。
 知っているようで、実は知らないことがたくさんあります。見学するような工場やお店はないのですが、これが伊香具小学校区の特徴です。この校区の良さ、字の自慢を見つけてくださいね。見学のメモからどんなまとめをするか楽しみにしています。

  • 6月9日 5年生 小数のわり算

5年生では今、算数で「小数のわり算」という難しい単元を学習しています。小数のわり算が難しい理由は、計算の手順が多いことや小数を小数で割ることが身の回りであまりないため想像しにくいことなどが考えられます。小数点の移動の仕方だけ覚えても、その意味を理解していないとしばらくすると忘れてしまうので、意味を考え自分で説明できるように授業を進めています。
 この日は、「4.5÷0.75」のような、わる数が小数の場合の計算の仕方を考えました。わる数,わられる数を100倍してわる数を整数に直すことが最初のポイントです。また,筆算をするときにわる数,わられる数の小数点を移動させることも大切です。全員,前日まで学習したことを使って、自分の力で解いていました。自分で小数点のうち間違いに気づいて直す子もいました。自分の力で解こうと,集中して一生懸命に学習していました。
 先生に教えてもらわず解こうと頼らない、5年生の学ぶ姿に感心しました。「小数のわり算」には自信がありそうですが、これからあまりの処理や商を概数にすることなどの関門があります。友だちとの学び合いで、乗り越えてほしいと思います。

  • 6月8日 教職員 心肺蘇生法研修会

教職員の研修として、長浜消防署伊香分署署員の方を講師に招いて、救急救命の講習を受けました。心臓マッサージの方法やAED(自動体外式除細動器)の使い方、緊急時の連絡方法などについて説明を受けた後、一人一人が実際にダミー人形を使って練習しました。そして、実際に子どもがプールでおぼれて心肺停止になっていた場合を想定して、教職員が救助、通報、他の児童への対応など、どう動くかをやってみました。命がかかっていることなので、真剣に取り組みました。署員の方からは、「よく協力し、役割を明確にして対応できました」と講評をいただきました。
  あってはならないことですが、万が一に備え、いざというときにもすぐに的確に救助できるよう、毎年取り組んでいます。教職員も、繰り返し訓練することが大切だと感じる研修でした。

  • 6月8日 全校遊び

 昼休みに、運営委員会の子どもたちが企画する全校遊びで、しっぽ取りをしました。全校遊びは、全校の子どもたちが学年関係なく一緒に遊ぶことによって関係を深める活動で、毎月実施しています。月曜から雨の日が続いたので、ワクワクしている子もたくさんいました。
 体育館に集まり、1年生にもわかるようにルールとしっぽのつけ方を説明し、色別対抗で行いました。短い時間でしたが元気に走り回り、「とった!」「とられちゃった・・・」と大盛り上がりとなりました。取ったしっぽの数と守り切ったしっぽの数の合計数で競いました。黄色が色の団結を見せつける結果となりました。
 来週には、児童会リレー(トロピカルハッピーリレー)の練習が始まります。5・6年生をリーダーに、子どもたちが主体となった取組が楽しみです。

  • 6月7日 家庭学習取組週間

6月6日(月)より、家庭学習取組週間が始まっています。伊香具小学校では、1学期に1回ずつ「家庭学習取組週間」を設定し、ご家庭の協力のもと、確かな家庭学習の習慣を身につけさせるように取り組みます。この1週間は、これまでの家庭学習を見直し、課題意識を持って家庭学習に取り組むこと、上学年は自分の力を伸ばす学習に自主的に取り組めるようになることをめざしています。学級担任からもご家庭の方々からも、助言や賞賛をもらい、家庭学習の質を高めていきたいと考えています。友だちの家庭学習のよいところも自分の家庭学習に生かしていってほしいと思います。
 子どもたちは、自分の振り返りや家族の確認があるので、いつもより力が入っているようです。朝登校すると、家庭学習カードと家庭学習で取り組んだことを誇らしげに提出していました。この1週間の取組の成果や課題については取りまとめて、保護者の皆様にお知らせします。

  • 6月6日 給食を残さず食べよう!

給食の時間に、先週の1週間、保健・給食委員会が全校の子どもたちに呼びかけた「ゴミゼロ週間~給食を残さず食べよう!~」のまとめの放送がありました。全部食べられなかった子に配慮して、順位はつけませんでした。5日間完食を達成したのは、5年生でした。5年生の子どもたちにとっては、当たり前のことのようでした。休み時間は元気に遊び、みんなの仲がよいのには、何か理由がありそうです。6年生は3日間の完食でした。1年生の頃はみんな少食で、給食の時間は大変だったそうです。体も心も大きく成長しています。1・2年生の給食の時間の様子を見ていると、「魚をがんばって食べたよ」「大きなにんじんを食べたよ」「全部食べられなかったけど、いつもよりがんばったよ」という声を聞きました。
 子どもたちの意識を高めることには、大きな成果があったようです。この日も残さないよう頑張っている子がたくさんいました。残さず食べて、栄養をきちんととって元気な体をつくりましょう。食育や食品ロスについては、機会をとらえて、また学習していきたいと思います。

  • 6月4日 土曜授業 その3 ~賤ケ岳親子清掃ウォーク~

本日のメインは、PTA行事の「賤ケ岳親子清掃ウォーク」です。PTA役員の方の思いから、4年ぶりに実施することができました。
 出発式の後、9時45分頃に、字ごとに出発しました。賤ケ岳に上った経験のある子も多く、子どもたちは、元気溌剌。大人は、次第に息が荒くなっていきました。しかし、木々つつまれた涼しさや鳥のさえずりを聞きながら、10時30分頃から、字ごとに順次山頂に到着。山頂から見た絶景に、しんどかった道のりのことも忘れてしまいました。眼下に望むびわ湖や余呉湖、長浜の様子をしっかり見ることができました。これが山登りの醍醐味です。山頂では、休憩を取りながら、学校運営協議会会長さんから、この景色と歴史に関わるお話を聞かせていただきました。ちなみに、ゴミはほとんどありませんでしたが、まるで宝のようなゴミを見つけてしっかり目標を意識している子もいました。11時20分頃には、全員無事に下山し、ジュースをもらって解散となりました。子どもたちは、まだまだ元気いっぱいのようで、リフトに乗った子は、来年は下りも歩いて降りてくださいね。
 このPTA行事を企画していただいた役員の皆様、参加してくださった親子の皆様、本当にありがとうございました。そして、お疲れさまでした。

  • 6月4日 土曜授業 その2 ~学習参観~

1校時には、本年度第2回の学習参観を行いました。多くの保護者様に参観いただきありがとうございました。
 1年生は、国語「じぶんのきもちをはなそう」の学習で、詩の暗唱や体育のリレー、休み時間のドッジボールなど、がんばっていることや楽しいと思っていることを友だちと伝え合いました。いつもは元気に話す1年生ですが、気持ちを伝えるとなると声が小さくなり、自信がないようでした。しっかりコミュニケーション力を高めていきたいと思います。
 2年生は、道徳の学習で、「おにいちゃんのでんわ」というお話を読んで、礼儀正しい話し方について考えました。相手のよって話し方を変えるということを普段意識していないのか、難しいテーマだったようです。道徳ノートには、しっかりと思ったことを書くことができました。道徳の時間に学んだことを実行していきましょう。
 3・4年生は、前日の水生生物調査のまとめをしました。発見した生き物を指標シートで確かめ、タブレットで一人一人の発見を共有しました。そして、昨日調査した川の水は、「少し汚れている」というまとめをしました。忘れてしまうこともあるので、調査結果を分析してまとめるという大事な時間でした。
 5年生は、家庭の裁縫の学習で、なみぬいと本返しぬいをしました。お家の人がアドバイスをしてくれましたが、とてもていねいに縫うことができました。この技術が、小物やナップザック作りにつながります。5年から始まった家庭科はとても楽しいそうで、自分でできることを増やし、家庭でも役立てていってください。
 6年生は、社会の歴史学習の始まりでした。西暦のあらわし方を知り、資料集やタブレットの絵から、大昔の人のくらしを想像しました。歴史の始まりは、発掘されたものから想像力を働かせることが必要です。歴史の学習に興味を持つかどうかは、6年生の大きなポイントです。興味を持って進んで調べる姿を期待しています。
 タブレットを使いこなしている様子も見ていただきました。この日は、たくさんの保護者様にお越しいただいたため、姿勢はよかったですが緊張気味でした。子どもたちが伸びていく様子をご覧いただけるよう、学習参観の機会を大切にしていきます。

  • 6月4日 土曜授業 その1 ~通学路点検~

天候にも恵まれ、絶好のコンディションのもと、通学路点検、学習参観、賤ケ岳清掃ウォークと土曜授業のプログラムを実施し、子どもたちと保護者と教職員が、充実したひと時を過ごしました。
 朝は、親子で一緒に登校し、通学路の危険個所の確認をしていただきました。伊香具小学校区の道は、道幅が狭く、路側帯があのません。交通量は多くないものの、見通しの悪い交差点が多くあります。大雨時には、土砂が崩れやすいところもあります。また、不審者が隠れやすい場所も少なくありません。子どもたちの安全への意識を高めるために、保護者様と一緒に確認し、子どもたちに助言していただきました。
 本日気づかれた危険個所は、一つのマップにまとめ、子どもたちの見やすいところに掲示しました。また、教職員も確認し、子どもたちへの指導や市への改善の要望に役立てていきます。子どもたちは、お父さん・お母さんと一緒に登校できて、すごくうれしそうでした。

  • 6月3日 3・4年生 水生生物調査活動

5・6校時、3・4年生が、大音の町中の川へ水生生物調査に行きました。生活科と違って魚よりさらに小さな生き物を見つけて仲間分けをしたり、水質を調べたりしてこの川の特徴を考えていきます。生き物を通し、環境への関心を高めていくことがねらいです。そのため湖北野鳥センターの所員さんに講師として来ていただいて、調査の仕方や詳しい生きものの仲間分けやの仕方をアドバイスしていただきました。
 川に着くと、水温や水深などを確認し、子どもたちは張り切って川に入りました。4年生は昨年に経験しているので、小さな生きものを見逃さないよう、丁寧に生きものを捕り始めました。梅雨入り前のため水位が低く、魚は少なかったのですが、今まで気づかなかったたくさんの小さな生きものを採集できました。「やったぁ、とれた!」「見せて、見せて!」と声が飛び交いました。講師の先生と捕れた生きものを分類すると、モンカゲロウ、シジミ、カワニナなどのきれいな水にいる生きものと、イトミミズ、アメリカザリガニなどのよごれた水にいる生きものが混じっていることがわかりました。ナゴヤダルマガエルやカマツカといった希少種も捕れました。今まで気づかなかった生き物の発見と、生き物から川の水のきれいさがわかり、調査することのおもしろさを感じていました。
 調査は、今回だけで終わりません。今日の調査をまとめ、もっと知りたいと思ったことや疑問を追求していきます。次回は、もっとすごい発見を楽しみにしていますね。

  • 6月3日 1年生 先生のサインを集めよう!

1年生が、生活科の学校探検第二弾として、先生のサイン集めをしています。中休み・昼休みになると、サインを書いてもらうカードを持って、先生を探して校内を探検します。今日は、職員室にたくさんの1年生が訪れて、サインをもらっていました。
 「失礼します。」とあいさつして職員室に入り、先生に「今いいですか?」と都合を聞くこともできていました。自己紹介をしたら、「サイン集めをしています!サインして下さい!」と元気にお願いしていました。どの子もしっかりあいさつやお話、お礼ができていて、とても立派でした。サインをもらうと、とてもうれしそうな様子でした。たくさんの先生となかよくなってください。伊香具小学校は、毎日出勤されている先生は10名、英語の先生と学校司書の先生は、スペシャルになります。もう、先生のサインは読めるようになったでしょうか。全員の先生からサインをもらえるといいですね。

  • 6月3日 たてわり班会議

伊香具タイムに、今年度最初のたてわり活動をしました。1年生から6年生の児童をすべて含んだ赤・黄・青の3つ色の「たてわり班」をつくり、各班に分かれて様々な活動をしたり班ごとに競い合ったりしていく中で、学年間の横のつながりだけでなく、異学年間のつながり(たてのつながり)を育む活動です。
 この日は、たてわり班の初めての顔合わせでした。リーダーの6年生を中心に、児童会リレー(トロピカルハッピーリレー)の担当する種目を決めました。1年生は初めての集団に少し緊張気味でしたが、上学年のお兄さん・お姉さんが優しく接してくれるので、これからのたてわり活動への期待が高まっていくようでした。今年の児童会リレーは、運営委員会のメンバーが話し合って、下学年の子が多いことを踏まえた種目にしています。6年生は、それぞれの種目を説明し、一人一人の子の希望を尊重しながら調整し、担当種目を決めていきました。希望が重なっても、上学年の優しい声かけやアドバイスでみんなが納得していきました。
  上学年の思いやりでうまく話し合いがまとまりましたが、今日はたてわり活動の始まりです。児童会リレーや運動会に向けて、山あり谷ありだと思います。それを乗り越えて学年をこえた絆を結んでいってほしいと思います。

  • 6月2日 第3回 委員会活動

6校時に、第3回の委員会活動がありました。委員会活動は、学級の枠を超えて上学年の児童がリーダーシップを発揮しながらよりよい学校づくりに参画、協力して諸問題の解決を行う活動です。日常的な活動にしっかり取り組み、委員会の活動も子どもたちのアイデアによる主体的な取組が本格化してきました。
 運営委員会では、人権集会で上演する劇のシナリオを考えていました。「落書き」や「暴言」をなくすことを呼び掛けたいと考えています。放送委員会では、6月の給食の時間の「お楽しみ放送」の内容を相談していました。「夏休みに楽しみなこと」のインタビューやリクエスト曲を流すことに決め、準備に取りかかりました。環境図書委員会では、秋花壇のデザインを募集し、花の苗の準備を進めました。地道で手間がかかる準備ですが、花いっぱいの学校を目指して頑張っていました。給食保健委員会では、けがをする人を減らすために、ろうか歩行を呼び掛けるポスターを制作しました。
 各委員会に分かれて、豊かで楽しい学校をつくろうと工夫した活動を計画していて、頼もしく思いました。「人の役に立つ喜びを知る」「人を楽しませるやりがいを学ぶ」活動として、本校の特色ある活動になっています。この日も6年生がリーダーとなって話し合いや活動を進め、4年生も5年生も真剣に取り組んでいました。よりよい学校生活づくりにつながるように、これからの委員会活動に期待大です。

  • 6月1日 全校朝会で6月のスタート

6月1日(水)の伊香具タイムに全校朝会を行いました。
 校長先生は、「学」という漢字の成り立ちから、先生や出会った人から手取り足取り教えてもらい、それを家で復習して自分のものにすることが「学ぶ」ということだと話されました。そして、自ら「学ぶ」ために、失敗や間違えたことをやり直して、かしこくなっていこうと呼びかけられました。6月の子どもたちの学ぶ姿を高めていきたいと思います。
 各学年の代表の児童のスピーチでは、6月・7月に向けて、「フローティングスクールでいっぱい学びたい」「水泳で25m泳ぎたい」「漢字や算数の割合の学習をがんばりたい」「ひらがなをしっかり覚えたい」「ドッジボールをうまくなりたい」と自分の目標を話しました。この目標を達成させることが、学校の目標です。

  • 5月31日 5・6年生 図工の作品の紹介

5・6年生が、「形が動く、絵が動く」という図工の学習で、コマ撮りしたアニメーションのような作品を制作しました。かわいいキャラクターの絵を描いている子がいれば、紙粘土をこねる子、タブレットで撮影する子もいます。いったいどんなものが出来上がるのか楽しみにしていましたが、6時間ほどかけて、続々と作品が完成しました。見ていても、ストーリーがあって楽しくなるイマドキの作品です。
 ある子に、どのようにして作ったのか尋ねると、粘土で作ったものを少し動かしたり、形を変えたりして、動きや変化を確かめながら写真撮影をして、ロイロノートで編集し、フィルムのように並べたそうです。「難しかったけど、楽しかった」と笑顔で話してくれました。アニメさながらのデザインの巧みな子子もいれば、黒板に絵を書き足していった子もいました。それぞれの作品に、子どもたちのすばらしいアイデアがあります。きっとあれこれ悩みながらも、夢中になって制作したことでしょう。学習参観の際には、ぜひこの作品もご覧ください。

  • 5月30日 ごみゼロの日の取組として

5月30日は、ごみゼロの日として、清掃活動をしたりごみを減らすため活動を考えたりします。本校では、保健・給食委員会の子どもたちが、廃棄される食料品が多いことに目をつけて、給食の残飯を減らすプロジェクトを進めることにしました。保健・給食委員会の子どもたちは、朝の校内放送で給食の完食をめざすよう呼びかけ、それぞれのクラスに「がんばりカード」をもって説明に行きました。苦手なものは少ない量でも食べるようにし、食べ始める前に量を減らすこともOKで、クラス全員が完食を目指します。この日から5日間取り組みます。残飯の量にも目を向け、全校の子どもたちの意識を高めていきます。
 この日の給食のメニューは野菜たっぷりで、1・2年生は苦労している子もいましたが、少しでも食べようと頑張る姿が見られました。
 食品ロス問題は、日本社会の抱える大問題です。ささやかな一歩を歩み出した子どもたちの課題意識と取組の成果が楽しみです。

  • 5月27日 6年生 修学旅行 2日目

二日目は、「ねむい」とか「つかれた」という弱音を吐かずに、最後まで元気に体験活動を楽しみました。

 朝6時30分に起床し、朝食もしっかり取り、明日香村に向かいました。日本最古の仏像がある飛鳥寺、古墳の全貌に触れられる石舞台古墳、四神像の壁画が特徴的なキトラ古墳といったさらに昔の史跡を見学しました。歴史の壮大さを肌で感じた経験を、歴史の学習に生かしてくださいね。

 修学旅行の締めくくりには、海獣葡萄鏡(銅鏡)のレプリカづくりを体験しました。錫を溶かして慎重に型に流し込みましたそれから、素敵な鏡が出来上がるように、手が真っ黒になっても必死に鏡をみがきました。修学旅行の記念となる作品ができ、満足気でした。

 予定していた学習プログラムをたっぷり楽しみ、たくさんの思い出ができました。未来の友だちである高時小学校の6年生と一緒に行ったことで、さらにねうちのある体験になりました。今後、さらにお互いの交流を深められるといいですね。あいさつやくつそろえなどのマナーもよく、時間の切り替えも素早くでき、気持ちよく過ごすことができました。この2日間の学びと経験をこれからの生活に生かしていってほしいと思います。
 修学旅行をこうして無事に実施できましたこと、保護者の皆様、関係者の皆様に感謝申しあげます。

  • 5月26日 6年生 修学旅行 1日目

6年生が、小学校生活最大の行事である一泊二日の奈良への修学旅行に行ってきました。6年生にとっては、初めての宿泊体験活動になります。事前学習にしっかり取り組んだことで、日程や活動をイメージし、自分たちの手で、思い出に残る楽しい修学旅行を作りあげました。テルテル坊主に込めた願いも届き、天候にも恵まれました。
 一日目。最初に訪れた法隆寺では、世界最古の木造建築を間近で見て、歴史を学ぶ二日間がスタートしました。五重の塔や夢殿の作りの建築技術の高さに触れ、歴史の世界に引き込まれました。お寺の方の説明に熱心にメモを取り、自分たちで写真を撮って回りました。

 奈良公園では、ボランティアガイドさんに詳しく楽しく説明してもらいながら、正倉院、二月堂、東大寺(大仏殿)、南大門などを見学して回りました。本物に触れることで、歴史の面白さ、不思議さ、すごさに驚き、歴史の魅力を感じ取りました。奈良の大仏は圧巻の大きさで、「もっとかしこくなりますように」などの願いを込めて手を合わせました。ご利益がありますように。途中では、シカとのふれあいも楽しみました。

 奈良公園から興福寺までの長い道のりを歩き回りましたが、楽しみにしていた買い物の時間には、家族のことを思い浮かべ、夢中になってお土産を買いました。慎重に計算する子や家族一人一人に合うものを考える子、思いのまま買い物かごに突っ込む子など、それぞれの個性が表れていました。

 ホテルでは、1日の疲れも見せず、しっかり食べて友だちとの楽しい時間を過ごしました。友だちと過ごす初めての夜に子どもたちはワクワクドキドキし、特別な時間を過ごしたようです。

  • 5月25日 6年生 卒業写真の撮影

6年生と教職員の卒業写真の撮影を行いました。子どもたちのヘアースタイルがいつもと違います。お世話になった先生方にもお越しいただき、久しぶりの再会でよい表情になりました。卒業を意識するより、まだまだこれからの活躍に期待する時期ですが、写真に適した時期を考え、例年より早く撮影をしました。今年の6年生は、担任した先生が、たくさん残っているので、子どもたちの成長を日々見守っています。この日撮影した写真は、卒業時にプレゼントします。卒業時には、また違った表情になるのでしょうね。下の写真は、撮影の合間に撮影したものです。
 明日から、6年生は、奈良方面へ一泊2日の修学旅行に行きます。本校の6年生も高時小の6年生も全員元気で、全校児童や関係者も協力してくださり、無事出発できそうです。

  • 5月25日 2年生 長さの学習

2年生は、算数の授業で、長さの学習をしています。2年生から時間や長さ、かさなどの単位を学習していきます。この日は、「cmよりみじかい長さのあらわし方をしろう」というめあてで、「mm」の長さの単位を学習していました。
 1cm刻みの手作りものさしでは、はがきのたての長さがぴったり測れないことから、1cmより小さいメモリの必要性を考えました。そして、竹尺や定規にある小さなメモリを見つけ、メモリを数えたり指の間かくで表したりして、1cmが10等分されていることを確かめました。この1メモリが「1mm」という長さの単位であることを学びました。タブレットで。mm という単位の書き方を確かめると、「すごい」「おもしろい」と単位についての興味が高まりました。
 単位の仕組みや使い方を理解するのは難しい学習ですが、単位に興味を持ち、自分でどんどん使っていくことが大切です。これで、身の回りのいろいろなものの長さが正確に測れますね。

  • 5月24日 交通安全教室を実施

晴天のもと、木之本警察署の署員さんをはじめ3名の警察の方と自転車安全協会指導員の3名の方にお越ししただき、交通安全教室を行いました。普段からしっかりヘルメットを着用して自転車に乗っている子どもたちですが、運動場に設定したコースで自転車の安全で正しい乗り方と自転車の操作の技術を向上させる学習をしました。
 自転車に乗るときの注意についてお話を聞いた後、実際のコースで、自転車での信号機のある交差点の渡り方や一旦停止、右折、左折の練習をしました。乗り降りは左側からすることや左と右のブレーキのかけ方、右折するときには後方を確認することなど、教えていただいたことを実践しました。間違えたことや抜けていたことがあれば、しっかりやり直しました。また、待っている間に、まっすぐゆっくり進むことやジグザク走行などの運転技術を高める練習もしました。子どもたちは、「楽しかった」「いい体験ができた」「しっかりがんばった」と感想を述べていました。
  今年度は、自転車に乗るときの安全確認の仕方を重点的に学習しました。初めて聞いたこともいくつかあったようです。署員さんのお話にもあったように、「自分の命は自分で守る」ことができるよう、交通安全教室で学んだことを放課後や休日の過ごし方に生かしていきましょう。また、もし事故にあったときには絶対110番することも心にとめておきましょう。

  • 5月23日 1年生 アサガオの種をまいたよ

1年生は、生活科の学習でアサガオを育てます。この日は、アサガオの種をまきました。入学前に現2年生から朝顔の種のプレゼントをもらいましたが、改めてこれからまく種をじっくり観察しました。実際に種を手に取って、種の形をよく見て観察しました。
 それから、校庭に出て、植木鉢にふわふわの土を慎重に入れました。植木鉢に5カ所、指先で種を入れる穴をあけ、小さな種を大事そうに植えました。手を土で汚しながらも、真剣に慎重に種を植える姿が見られました。そして、「はやく芽を出してね」「たくさんお花が咲きますように」などと言いながら水やりをしました。1年生の子どもたちの純粋な思いに感心しました。
 これから毎日水やりのお世話をしたり、生活科の時間に観察をしたりします。たくさんのきれいなアサガオの花が咲くように、お世話をがんばってくださいね。

  • 5月23日 くつをきちんとそろえよう!

5月12日(木)から5月20日(金)まで、第2回伊香具チャレンジ「くつをきちんとそろえよう!」に取り組み、その結果を発表し、よくできた学級を表彰しました。1位は5年生で、いつ見てもパーフェクトでした。3年生と6年生が金賞、4年生が銀賞でした。5・6年生は、友だちと声を掛け合ってクラスの意識がまとまっているところ、3・4年生は、友だちのくつがそろっていないとそろえてあげるところが、この結果につながりました。1・2年生は、これからが頑張りどころです。お兄さん・お姉さんのよい姿を目標に、よい生活習慣を身につけていきましょう。
 取組期間が終わっても、この日の下駄箱のつくは、見事にそろっていました。結果より、こうして続けていくことが本当にねうちのあることです。学習は、よい生活習慣の上に成り立ちます。これからもよい生活習慣、よい学習規律の確立に根気よく取り組んでいきます。

  • 5月20日 3年生 図書館たんていだん

2年生の時に長浜図書館の見学をしている子どもたちですが、国語科「図書館たんていだん」の学習で、本を読むことの良さ、本の分類の仕方、本の扱い方を確認し、学校図書館をもっと詳しく知るための調査活動をしました。3年生からは、好きな本を読むだけでなく調べ学習としても学校図書館を利用することが多くなります。
 図書館に行くと、図書館の中にある分類表を見つけ、図書館に本がどのように整理されているかをまとめました。ほかにも、学校司書さんのおすすめの本のコーナー、新刊の紹介コーナーなどの工夫を見つけました。これからは、もっと学校図書館を利用してほしいと思います。
 本校では、毎月の第三金曜日を「ノーゲームデー」、第三金曜日から日曜日までを「ラブリィ・ブックデー」とし、じっくり本を読むことを勧めています。保護者の皆様には、10分でも一緒に読書をしたり読み聞かせをしたりしていただけると子どもたちが読書に親しむきっかけとなります。ご協力をよろしくお願いいたします。

  • 5月20日 新体力テストⅡを実施

3・4校時に、運動場で50メートル走、ソフトボール投げ、立ち幅跳び、握力の4種目の記録の測定をしました。ソフトボール投げは、体のひねりや体重移動など全身の力を使うため、日頃の経験の差が大きいと感じました。この日の種目は、自分でも記録がわかるので、自分の最高記録を出そうと、どの種目も全力で取り組むことができました。この日で全校児童の全8種目の測定が完了しました。
  子どもたちにとって、体を動かすことは楽しく気持ちの良いものですが、この2年間は、コロナ禍で運動不足が懸念されています。今回の測定で自分の今の体力を知った子どもたちが、自身の体力向上に向けためあてをもって進んで運動に取り組めるよう、支援していきたいと思います。また、この新体力テストの結果を経年と比較して落ちている項目があれば、体育の授業や健やかタイムの取組を通し、改善していきたいと思います。

  • 5月18日 PTA 賤ケ岳親子清掃ウォーク実施検討会

PTA三役と環境委員・保健体育委員・学年委員の方々に集まっていただき、賤ヶ岳親子清掃ウォークの実施について協議していただきました。コロナ禍のなか、体験や経験が少なくなっている子どもたちのために伊香具のすばらしさを感じられる行事をしてやりたい、3年間中止となっている伝統的な行事を経験させてやりたい、2年間実施できていない親子響き合い活動とも兼ねて実施したいというご意見から、6月4日(土)に実施することを決定しました。昼食を取ることは難しいため、午前中にできる内容を計画しました。保護者の皆様にも多くご参加いただくため、学校側は、授業参観も実施します。雨天の場合は、親子ドッジホールをすることとなりました。ご案内の文書を配布しますので、詳しくはそちらをご覧ください。
  子どもたちのためにという思いと、子どもたちが活動する様子をイメージしながら笑顔で話し合ってくださった姿に、PTA活動のありがたさと頼もしさを感じました。「心豊かにたくましく生きる伊香具っ子の育成」のために、保護者の皆様と教職員が思いを共有していくことの大切さを改めて感じる協議でした。役員の皆様、ありがとうございました。

  • 5月18日 4年生 クリスタルプラザ見学

4年生が、社会科の学習で、クリスタルプラザの見学に行ってきました。家庭から出されたゴミがどのように処理されているかを学んできました。
 予想以上に大きかったクリスタルプラザの建物と煙突に驚き、施設の中に入りました。はじめに、動画を見ながらゴミの収集・運ぶ・処理・肺の埋め立てとクリスタルプラザの役割について説明してもらいました。次に、資源ごみのリサイクル、展望台、中央制御室、ゴミピットなどの工場棟の様子を見学しました。ゴミピットの広さやゴミの多さ、ゴミクレーンの大きさに驚き、ゴミクレーンがゴミを持ち上げて焼却炉に入れる様子を興味深く見つめていました。最後に、案内してくださった所員さんに見学して疑問を持ったことを質問しました。ごみの集め方や働いている人のことについて次々と質問しました。
 実際に見学することで、たくさんのことを発見し、たくさんメモを取ることができました。ごみの処理の仕方だけでなく、ゴミを減らすことやリサイクルすることの大切さを感じ取ったようでした。ゴミ0の日(5月30日)に向けて、さらに学んだことを広げていってほしいと思います。

  • 5月18日 3年生 モンシロチョウを育てよう

3年生が、理科「モンシロチョウを育てよう」の学習で、教室で青虫から育てています。はじめは怖がっていた子も、世話をするうちに愛着を感じるようになりました。
 3年生の教室に行くと、「見て、見て」の連呼です。見ると、すでにたくさんのさなぎになっていました。子どもたちは、登校するとこのさなぎがいつモンシロチョウに羽化するか観察しています。「ピクピク動いた」「色が変わってきた」と注意深く観察しています。モンシロチョウが羽化する瞬間を見たいという気持ちでいっぱいのようです。さて、いつ羽化でしょう。土・日は待ってほしいですね。感動の瞬間が見られますように。

  • 5月16日 掃除の時間に運動場の除草をしました

賤ケ岳は緑が鮮やかな季節ですが、運動場や校庭には雑草がぐんぐん伸びてきています。梅雨入り前に、月曜日の掃除の時間に、全校児童と教職員で除草作業をしていきます。学年ごとに場所を決めてやりました。この日はとても草が抜きやすく、15分足らずの時間でもたくさんの雑草を取りました。子どもたちもよく集中して取り組み、みるみるきれいになっていきました。みなさん、よく頑張りましたね。
 今年も雑草とのたたかいの日が続きそうですが、PTAや地域の皆様のお力をお借りするまでに、自分たちでできることに取り組んでいきます。

  • 5月16日 6年生 修学旅行に向けて

6年生の修学旅行に向けての取組が始まっています。今年度は、5月26日(木)・27日(金)に奈良方面(法隆寺・奈良公園・明日香村)に行く予定です。新型コロナウイルス感染症予防のため、屋外での体験、感染症予防対策の徹底された施設での見学・体験になっています。修学旅行まであと10日となり、小学校生活最大の行事である修学旅行を成功させるために、意欲的に取り組んでいる6年生です。
 この日の4校時には、しおりをもとに、目的や、訪問する場所、修学旅行先でのマナー、新型コロナウイルス感染防止のための対策、持ち物等準備に必要な情報などを共有しました。6年生は、しおりを見ながらワクワクした笑顔で話を真剣に聞いていました。それから、iPadを使って訪問先や宿泊先について調べました。有意義な体験にするためには、事前学習も大切な準備です。また、ホテルでの過ごし方やバスの中での活動など、子どもたちが自分たちで話し合って決められることもあります。未来の友だちである高時小学校の子どもたちとも可能な限り、交流してほしいと思います。
 しっかりと準備をして、価値ある体験をし、楽しい思い出を作ってもらいたいです。

  • 5月13日 4年生 森林環境学習「やまのこ」

4年生が、やまのこ学習に行ってきました。何とか午前中は天候が持ち、高山キャンプ場の豊かな自然の中での「もりもり探検」やこのキャンプ場周辺の自然のものを使った木工クラフトを思いっきり楽しむことができました。また、高時小学校や田根小学校の児童や先生とも交流することで楽しさがより膨らむ体験もできました。午前の「もりもり体験」では、森林の様子や生き物を観察しながら山林を歩きました。
 行きは、子どもたちだけで森林 の空気・木々・水等についてのの五つのミッションを解決しながら山を登りました。到着した渓流では、水の生まれてくるところの観察や水の冷たさを体感しました。帰りは、やまのこ指導員の先生と一緒に、ヤスデやタゴガエルなどの生き物の様子をじっくり観察したり森林の働きについて教えてもらったりしながら、五感を通して自然のすばらしさや面白さを学びました。雨上がりだからこそできた体験もあり、見て触れることがすべて貴重な体験でした。たくさん質問をして、新しい発見があったようです。

 午後は、雨が降り出したため、「もりもり木工作業所」で、木工クラフトをしました。間伐材を輪切りにした土台に、木の実や枝葉などのこのキャンプ場の自然のものをホットボンドでつけ、やまのこをテーマにした作品を作りました。「森のかわいい動物たち」、「森のアスレチック」、「森の木々」などをテーマに、どんどん発想が広がり、制作に熱中しました。振り返りのときには、全員が、自信をもって工夫したところを発表しました。この作品は、学校で展示し、他の学年の子どもたちに見てもらいます。

 やまのこ学習を通し、大自然の素晴らしさに触れ自然の大切さを学ぶ体験、人と関わり学びを深める体験という二つの生き方や考え方が成長するかけがえのない体験ができました。高時小学校と田根小学校とは、この日の交流をきっかけにして、さらにつながりを深める機会をもちたいと思いました。やまのこ指導員の先生方、保護者の皆様のおかげをもちまして、やまのこ学習を大成功で終えることができました。ありがとうございました。
 

  • 5月13日 民生委員・児童委員の皆様によるあいさつ運動

本日の朝、民生委員・児童委員のみなさまがあいさつ運動に駆けつけてくださいました。あいにくの曇り空で、子どもたちは、つい下を向いてしまうところですが、民生委員・児童委員の皆様の素敵な笑顔と優しい「おはようございます」の声で、顔も上がり、いつもより元気な「おはようございます」の声を聞くことができました。また、一人一人にマスクとクリアファイルをプレゼントしていただきました。
 これからも、地域やPTAと連携して自分から進んで元気なあいさつができる子どもをめざしていきます。民生委員・児童委員の皆様、本日は誠にありがとうございました。

  • 5月12日 健やかタイムがスタート!

毎週、木曜日の10:05~10:20の15分間は健やかタイムです。今年度も今日から健やかタイムが始まりました。「楽しく運動しよう」をテーマに、全校児童がそろって体力づくりに取り組みます。1・2年生はミニハードルで、リズムよく跳ぶ運動をしました。跳び方を変えて、何回も跳んでいました。3年生以上は大縄跳びの8の字跳びで、3分間に何回跳べるかチャレンジしました。5・6年生のチームは、223回でした。どんどん記 録を伸ばしていくことでしょう。どの子も生き生きと取り組んでいました。今年度は、取り組む種目を増やしていきたいと計画しています。
 昼休みには、運営委員会の主催の全校遊びで「こおりやに」をしてしました。たっぷり運動できた1日でした。

  • 5月12日 伊香具七則の伝統を引き継ぎ~くつそろえ~

本校では、「伊香具七則」という先輩が作った心得から、毎月の生活目標を決め、「凡事徹底(ぼんじてってい)」の姿勢で取り組んでいます。5月11日(水)より、5月の生活目標「くつ・スリッパをそろえよう!」に向け、伊香具チャレンジⅡ「くつをそろえよう!」を始めました。一日目、二日目とみるみるくつがそろっていきます。友たちのくつをきちんとそろえてあげている子もいました。
 子どもたちに紹介した藤本幸邦さんの有名な詩です。
「はきものをそろえると 心もそろう
 心がそろうと はきものもそろう
 ぬぐときに そろえておくと
 はくときに 心がみだれない
 だれかがみだしておいたら
 だまってそろえておいてあげる
 そうすれば きっとせかいじゅうの 
 人の心もそろうでしょう」
  簡単なことですが、意外と続けるのは難しいかもしれません。でも、「はきものを揃える」心の余裕をもって毎日を送ることができると、心も自然と落ち着いていくのではないかと思います。そんな学校でありたいです。

  • 5月11日 新体力テストⅠを実施

3・4校時に新体力テスト(スポーツテスト)を実施しました。雨天が予想されたため、体育館で、長座体前屈(身体の柔軟性を測ります)、反復横跳び(敏捷性を測ります)、上体起こし(筋持久力を測ります)、20mシャトルラン(全身持久力を測ります)の4種目の測定を行いました。1年生と6年生、2年生と5年生、3年生と4年生がペアとなって、一種目ずつ行っていきました。
 上学年の子どもたちは、前年度の記録を覚えている子が多く、自分の最高記録を出そうと、どの種目も真剣に取り組んでいました。また、下学年の子をサポートしたり、励ましたり、がんばる姿に拍手を送ったりするほほえましい姿が見られました。シャトルランのときには、必死に走り続ける姿に「がんばれ!」という応援の声がたくさんかかり、全力を出し切る姿が見られました。
 来週に残りの種目の測定を行い、記録を集計し,本校の子どもたちの強みや弱みの分析を行うことで,体育の授業を中心として様々な実践を試み,体力の向上を目指していきます。

  • 5月10日 1年生も詩の暗唱にチャレンジ

5月から、1年生も今月の詩の暗唱にチャレンジしています。毎朝、5月の詩「ありがとう」の暗唱の練習をしています。担任の先生から合格をもらった子から、一人ずつ校長先生に詩の暗唱を聞いてもらいました。6人の子が挑戦し、全員合格でした。1年生は、しっかり覚えると、リズムよく表現できるので、聞いていても楽しい気持ちになります。子どもたちは、「ドキドキした」と言っていましたが、緊張するのは一生懸命な気持ちの表れです。合格のシールと合格賞をもらうと、みんなニッコリ笑顔でした。
  毎月一つずつで、1年間で10編の詩の暗唱に挑戦します。4月には、2~6年生全員が詩の暗唱を合格しました。全校に頑張る気持ちが広がっています。3月までやり遂げることができるかとても楽しみです。

  • 5月10日 3年生 町探検

3年生が、社会科の学習として、大音方面の町探検に出かけました。生活科の学習と違うところは、方位磁針で方角を確かめ、お寺や神社などの場所を確認し、地図上に地図記号で記入していくところです。まだまだ地図の見方が難しいようで、地図上に記すのに苦労していました。
 子どもたちは、新しいものを発見したり、気になるところを写真に撮ったりして、楽しみながらも色々なことを見つけていました。伊香具小学校の校区には、どのようなものがあって、どのような建物があって、どのような土地の使われ方がされているのか見て周ります。そして、自分たちの手で伊香具小学校の校区の地図を作ります。
 いろいろなものに興味がわく3年の子どもたちですが、探検や見学の仕方や記録の取り方をレベルアップしていきましょうね。

  • 5月10日 1年生 語彙調査を実施中

5月10日(火)より、朝の時間等の授業時間以外の時間を活用して、1年生に語い調査を実施しています。この調査には、日本文化科学社の「絵画語い発達検査」を使い、言語の理解力の中でも特に基本的な「語いの理解力」を測定しています。4コマの絵の中から、先生の言う単語に最もふさわしい絵を選びます。一人5分~10分ほどの調査です。1年生は、楽しみながら取り組んでいます。
 本校では、言葉の力を鍛え、読み解く力を伸ばしていくことを学力向上の柱と考えています。語いは、その基本となる力であり、1月には全校児童の語い調査を実施し、その伸びを評価していきます。授業だけでなく、読書活動や新聞を活用した取組、トークトレーニング等を通して伸ばしていきたいと考えています。この結果につきましては、保護者様にもお伝えし、一人一人にアドバイスしていきます。ご家庭でも、読書習慣、わからない言葉を調べる習慣、学校であったことを話す習慣づくり等にご協力くださいますようお願いいたします。

  • 5月9日 5・6年生 賤ケ岳少年消防クラブ入会式

長浜消防署伊香分署長様をはじめ署員の皆様にお越しいただき、令和4年度の賤ケ岳少年消防クラブの入会式を行い、本校の5・6年生が出席しました。30年以上も活動が続いている滋賀県で唯一残っている少年消防クラブで、これまでにも580人を超える先輩たちが所属し、活動してきました。
 入会式では、新たに入会する5年生が、手帳とバッジを授与されました。校長先生と伊香分署長様からは、「地域や未来の社会を支える一員として、価値ある充実した体験をしていきましょう。」というお話を聞きました。そして、5年生の代表の児童が、「火災や消防の知識をしっかり身につけ、災害のない明るい暮らしができるよう、みんなで心を合わせてクラブの活動に一生懸命取り組みます。」と力強く誓いの言葉を述べました。
 今後、災害時にみんなのいのちを守るための訓練や研修、啓発活動をしていく予定です。不安なことや怖いことの多い中ですが、みんなが支え合い、安心・安全な社会を創りあげるために、その一歩を踏み出しました。

  • 5月9日 全校朝会

ゴールデンウィークが明けて、充実した学校生活を送るための全校朝会を行いました。
 まず、4月の伊香具チャレンジⅠ「たくさんあいさつをしよう!」の結果発表と表彰を行いました。1位は、4・5・6年の3クラスで、パーフェクトを達成しました。上学年が、目標となる立派な姿を見せてくれました。下学年にもあいさつが広がってきました。校長先生は、「あいさつは、したときもされたときも、心が温かくなってうれしいものです。あいさつを交わすことで、自分も相手も元気にすることができます。いやなことや悩んでいることがあっても、あいさつをすることで、素直になれて、心の元気が作り出されます。これからも、たくさんの人にあいさつしていきましょう。」と話されました。
 次に、教頭先生が、伊香具小に来て1カ月、あいさつのすばらしさ、授業中の背筋の伸びた姿勢、4・5・6年生の委員会活動での一生懸命さと工夫の3点の本校の子どもたちのすばらしさを伝えられました。そして、廊下の歩き方に気を付けようと呼びかけられました。安全な生活のためだけでなく、早く遊びたいという気持ちに負けないこと、他の人に流されないこと、正しいことを注意することなどの大切な考え方を伝えられました。
 最後に、各学年の代表の児童が、ゴールデンウィークの楽しかった思い出やこれから頑張りたいと思っていることを発表しました。新しい勉強や修学旅行・やまのこなどの行事に向けた思いをしっかり述べることができました。

  • 5月2日 5年生 田植えに挑戦

5年生が、総合的な学習で地域について学ぶ学習と社会科の米作りの体験学習として、田植えを行いました。北布施の田を提供していただき、地域の方にご協力をいただき、苗の植え方を指導していただきながら、緊張気味に丁寧に活動しました。
 霧雨の降る寒い中での活動となりましたが、一列になって、印をつけていただいたところに3・4本ずつ苗を植えていきました。実際に手で植える田植えはどの子も初めての体験で、泥の感触を楽しんだり、歩くのに苦労したり、腰をかがめるつらさを感じたりしながら、間隔に気を付けて慎重に苗を植えていきました。前年度より少ない6名の子どもと教員・地域の方での作業となりましたが、みんながよく集中し、苗を植える手つきも徐々に慣れ、45分ほどでやり遂げることができました。地域の方からは、「今までで一番早くやり遂げました。だれもが転ばずよく頑張りました。」とほめていただきました。
 手植えの楽しさや大変さも学ぶことができ,とても良い体験ができました。自分たちの植えた苗が生長して,収穫することが今から楽しみになったようです。今後の水田の管理も,地域の方々にお世話になります。伊香具ブランド米の収穫まで、学校でも,稲の生長を見守っていきます。

  • 4月28日 3・4年生 体育「リレー」の学習

3・4年生が、好天のもと、リレーの学習をしました。本校では、体育は2つの学年の合同授業を実施し、リレーやボールゲーム等のチーム対抗の運動ができるようにしています。また、4年生がリーダーとなってアドバイスしたりお手本になったりする主体的な姿が見られます。3年生は4年生を目標にしたり時には意見を言ったりして意欲的です。下学年の子は上級生に助けられてあこがれ、上学年は頼られることで自己有用感が高まるという、本校だからこそできる学びの姿があると思っています。
 この日は最初のリレーの学習でした。まず、「ネコとネズミ」をして、低い姿勢からの素早いダッシュをしました。次に、バトンの受け渡しを練習しました。「はいっ」と声をかけることや腕をしっかり伸ばすこと、前を向いて受け取ることを意識していました。最後に、リレーの成果を確かめる三色対抗のリレーをしました。力いっぱい走りましたが、まだまだバトンをうまくつなげることは難しかったようです。
 リレーの後、子どもたちは、走る順番やバトンをもらう位置について、リレーで勝つための作戦を考え始めました。次回から、チームとしての力を高めていくことになりそうです。

  • 4月27日 3年生 書写の毛筆の学習開始

3年生からは、書写の毛筆の学習が始まります。この日は、3回目の毛筆の学習でした。前回は、筆などの道具の名前や準備の仕方、書くときの姿勢や筆の持ち方、後片付けの仕方まで、一人一人丁寧に教えていただきました。
 子どもたちは、この日は、早く書きたくて、うずうずしていました。これまでに習ったことを思い出しながら、習字道具を準備しました。恐る恐る墨をつけて、先生の指示に合わせて横画を書きました。「トン、スーッ、グッ」のリズムで、筆を動かしました。「思い切って書けたね」「力強い線ですね」とほめられると、にっこりしながら、筆の扱い方を学んでいきました。筆を立てて思い切って書くと力強い線が書けることが分かり、だんだんおもしろさと自信を感じていました。横線の次には、ジグザクの線やグルグルの線にチャレンジしました。
 今後の学習で「おれ」や「はらい」の書き方を学び、漢字の作品に挑戦していきます。やりたい気持ちでいっぱいの子どもたちですが、まず基本の筆遣いを身につけなければなりませんね。毛筆の時間をこれからも楽しんでくださいね。

  • 4月26日 2年生 「1年生をむかえる会」大成功

5校時に、2年生が、「1年生をむかえる会」を行いました。一番身近なお兄さん・お姉さんとして、学校が楽しみになるようにと準備・練習をしてきました。
 初めに、2年生が、入学式で歌えなかった「一つのまゆから」の合唱を披露しました。張り切っている気持ちが伝わる元気な歌声でした。つぎに、「ハンカチ落とし」をして一緒に遊びました。2年生が、優しくアドバイスしていました。最後に、一人一人一人に手紙を読んで、プレゼントと一緒に渡しました。1年生はみんな笑顔で、心がつながっていくようでした。
 これからは、一緒に遊ぶ機会が増えそうです。2年生のみなさんありがとう。司会やあいさつ、ゲームの説明もとても分かりやすかったです。これからもお手本となり、楽しい学校生活が送れるよう、1年生をよろしくお願いします。

  • 4月25日 伊香具チャレンジⅠ「たくさんあいさつをしよう!」

4月の生活目標「気持ちのよいあいさつをしよう!」の達成に向け、4月19日より学級対抗の伊香具チャレンジⅠ「たくさんあいさつをしよう!」に取り組んでいます。立腰が始まるまでに、学級担任の先生・クラスの友だち・兄弟姉妹以外の5人に朝のあいさつができると達成です。
 4年生以上は、めあてに向けて取り組む力、クラスの団結力があり、パーフェクトを続けています。中には、20人以上の人と朝のあいさつを交わししている子もいるようです。上学年の姿を見て、下学年にもあいさつの輪が広がっています。1年生が教室の窓を開けて、元気にあいさつしてくれるとうれしい気持ちになります。あいさつの輪が広がると、自然と明るい声で、笑顔であいさつできるようになってきます。
 形と心が合わさって本物の気持ちのよいあいさつになります。この取組をきっかけに、自分からあいさつできる子が広がってほしいと思います。

  • 4月23日 学習参観・学級懇談会にありがとうございました

令和4年度、第1回の学習参観と年度初めの学級懇談会を行いました。多くの保護者様に参観いただきありがとうございました。子どもたちは、いつもより張り切って、また少し緊張しながら、新しい学級担任の先生と、楽しく、そして真剣に学習に取り組んでいました。
 1年生は、算数の授業で、6から10までの数を数える学習でした。数図ブロックでしっかり数える学習をした後には、図を見て正確に数がわかるようになりました。自信満々で答えていました。
 2年生は、26日に実施する「1年生をむかえる会」のリハーサルをしました。保護者様を1年生に見立て、元気よく「一つのまゆから」を歌ったり、ハンカチ落としをしたり、学校紹介をしたりしました。本番への自信が持てました。ご協力、ありがとうございました。
 3年生は、国語の授業で、春を感じる言葉を探しました。見つけた言葉を発表し合い、言葉の知識を広げていました。進んで見つけたことを発表していました。
 4年生は、国語の「白いぼうし」の学習で、不思議に思ったことをみんなの考えを合わせて、解決していました。文章を読んで、文章から証拠を見つけ、想像力を働かせて考えました。
 5年生は、算数の「大きな体積」の学習でした。1㎥の模型を使って教室の体積をはかることで、大きな体積の量感と単位の仕組みについて理解を深めました。高学年らしく、わかったことをしっかりまとめて振り返ることができました。
 6年生は、道徳の授業で、「ロレンゾの友達」という資料を読んで、本当の友達と言えるのはだれかを考えました。タブレットを使ってそれぞれの意見を交流し、いろいろな見方・考え方があることを学んでいました。 
 学習観後は、学級懇談会を開催し、学級担任から、子どもたちの様子や育てていきたい力、保護者様にご協力いただきたいこと、学年の行事等について説明しました。本年度は、保護者様とより強くつながり、共に手を取り子どもたちを育てていくことを大切にしていきます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 4月22日 ようこそ!新しい英語の先生

英語を教えてくださるALT(外国語指導助手)とJTE(日本人英語講師)の先生も新しい先生になりました。ALTの先生は、2週間に1時間、1~4年生に、JTEの先生は、毎週金曜日に1時間、5・6年生に英語を教えてくださいます。学級担任とティームティーチングで授業を行い、ナチュラルな英語の発音を担当します。
 21日には、初めてALTの先生が来られました。とても明るく元気な先生で、子どもたちは生の英語に触れ、ALTの先生のリーダーシップでいつの間にか英語の授業に引き込まれていました。子どもたちの数は少なくても、活気のある英語の時間でした。
 22日には、JTEの先生との初めての授業がありました。「英語うますぎ」「頭がすごくよさそう」と先生の話す英語に真剣に耳を傾けていました。
 ALTとJTEの先生のサポートにより、子どもたちは、本格的な英語でのコミュニケーションを楽しみ、学級担任も英語指導力の向上を図っています。

  • 4月21日 第1回 クラブ活動

子どもたちが楽しみにしていたクラブ活動が始まりました。クラブ長などの役割や活動計画を話し合って決めると、さっそく活動を始めました。
 琴クラブでは、初めて爪をつけて弦をはじいた子も、「かえるの歌」を演奏し、基本的な弾き方を学びました。漢字で書かれた楽譜を見ながら、音階と爪の操作を覚えていきました。講師の先生のアドバイスを聞いてすぐに上達し、慣れてくると二重奏に挑戦しました。自転車・スポーツクラブは、卓球をしました。慣れてくると、だんだんラリーが続くようになりました。上学年はさすがに上手ですが、下学年の下克上もありました。レクレーションクラブは、講師の先生と相談して、人気のグランドゴルフをはじめ、様々な遊びやニュースポーツをする計画を立てました。計画が決まると、すぐに楽しめるゲームをして、笑顔で過ごしました。
 すでに、次のクラブ活動の時間を楽しみにしていました。計10回の活動を予定しています。興味や関心を広げ、豊かな体験をしていってほしいと思います。

  • 4月21日 子ども読書の日の取組

4月23日(土)の「子ども読書の日」を前に、全校の子どもたちに読書に親しんでもらおうと、20日(水)と21日
(木)に、低・中・高学年別に教員と学校司書による読み聞かせを行いました。「この学年にはこの本があっているか
な」「この学年ならこのお話を喜んでくれるかな」などと考えて本を選び、練習して臨みました。
 この日の4校時には、1・2年生が、「ちきゅうがウンチにならないわけ」「へんしんオバケ」「給食番長」のお話を聞きました。先生と対話しながらお話を聞いたり、いっしょにリズムよく言葉を繰り返したり、真剣に聞き入ったりしながら、お話の世界に浸っていました。子どもたちが楽しい本の世界に引き込まれていくと、読む側もうれしい気持ちになりました。
  もうすぐ大型連休になるので、これを機会に図書館に足を運び、面白そうな本を見つけて読んでほしいと思います。

  • 4月20日 昼休み 全校遊び

水曜日の昼休みは、全校遊び、ペア学年遊び、学年遊びなどが計画されています。この日は、運営委員会の子どもたちが、全校遊びとしてドッジボール大会を開催してくれました。本日は、今年度初めて全校児童45名がそろい、2チームに分かれて対戦しました。1年生も元気に参加しています。
 思い切りのプレー、ファインプレー、譲り合う姿、下学年の子を気遣う姿など、子どもらしい姿が見られ、子どもたちの笑顔がいっぱいでした。学校の何気ない光景ですが、「全校が仲良くなれる学校にしたい」という高学年の子の思いと全校で楽しく遊べる時間が大切なんだとしみじみ感じました。学年を越えたつながりを深めていってほしいと願っています。

  • 4月20日 第1回避難訓練(火災時を想定)

2校時に、火災が起きた場合を想定して避難訓練を行いました。避難経路を確認し、火災が起きたときのために、真剣に取り組むことと判断力を高めることを狙いとして訓練しました。
 教職員自身も真剣な姿勢で指示をはっきりと出し、子どもたちは、「おーおさない」「はーはしらない」「しーしゃべらない」「もーもどらない」の合言葉を守り、とても静かに、そして、速やかに運動場に避難することができました。
 避難訓練のまとめとして、校長先生からは、予想もしない怖い思いをしたときにしっかり判断できるように、真剣に何回も練習することが大切なこと、帽子をかぶったり姿勢を低くしたり窓を閉めたり「未来を予想して備える力」を鍛えることの大切さを離されました。
 これからも、「訓練は本番のように、本番は訓練のように」行動できるように、備えていきたいと思います。

  • 4月19日 6年生 全国学力・学習状況調査

6年生の子どもたちが対象となる全国学力・学習状況調査を実施しました。今年は、国語科、算数科、理科、児童質問紙(生活習慣や学習習慣に関するアンケート)の4つの調査がありました。それぞれ20ページ以上の冊子になった問題用紙です。普段と違う張り詰めた空気の中で、普段と違うテスト問題に、子どもたちは集中して取り組んでいました。国語科では意見文の書き方や意見文の良さを説明する問題、算数科では求め方を数と言葉を使って説明する問題、理科では観察や実験の結果からまとめを書く問題などがありました。今子どもたちに求められている学力を評価するための、よく考えられた問題でした。
 調査後感想を尋ねると、「むずかしかった」という子もいれば、「けっこうできた」「自信がある」「多分100点」という頼もしい子もいました。全力で取り組むことができたようです。あきらめず時間いっぱいよく頑張りました。
 この調査は、都道府県ごとの正答率が報道されますが、教員は、調査結果をもとにして自校の子どもたちの学力の分析を行い、指導の改善を図っていきます。子どもたち一人一人にも、個人の結果と分析を渡し、自分の課題解決に向けて努力していくための手がかりとしていきます。

  • 4月19日 2年生 タブレットを使い始めました

長浜市では、2年生以上の子どもたちに一人一台のiPadが貸与され、授業の中で積極的に活用しています。2年生は、この4月に渡したばかりですが、さっそく漢字の学習で活用しています。
  今年度からiPadを使える2年の子どもたちは、電源を入れるだけでもうニコニコです。「筆順辞典」という学習アプリを起動して、新しい漢字の学習を始めました。「曜」という漢字は画数が多く筆順も間違えやすいので、正しく書けるまでiPadの画面で何回も練習していました。
 iPadを活用すると、どんどん学習が広がります。写真を撮ったり調べたりすることから、学習の課題に対して一人一人が考えを表現したり、それをみんなで共有したりすることに効果的に使えるようになると思います。楽しく使って、ぐんぐんかしこくなっていきましょう。

  • 4月18日 楽しい昼休み

ょうは曇り空でしたが、風が心地よい1日でした。休み時間は、子どもたちにとって楽しい時間であり、友だちとの関わりを深める大切な時間です。伊香具小学校では、中休みが25分、昼休みが30分あります。
 中休み、なかよし広場では、2年生がなかよくブランコをしていました。体育館では、1~6年生がドッジボールをしていました。1年生も仲間に加わっています。上学年は気を使いながらゲームを楽しんでいました。コロナ禍や少子化の影響で、大勢で遊ぶ機会が少なくなっていますが、学年に関係なく集まった子どもたちで遊べるのが、本校の子どもたちの良さです。
 昼休みには、外で遊ぶ子が増えました。なかよし広場で鉄棒やのぼり棒に挑戦する子、おにごっこをする子、運動場でサッカーをしている子もたくさんいました。やりたいことを誘い合って、伸び伸びと遊んでいました。
 集団で遊ぶことは、社会性が育まれるとても良い機会です。様々な制限がある中で、子どもたちは「今」を楽しんでいます。

  • 4月15日 字別児童会を開催

5校時に字別児童会を行いました。この1週間、登校班長と5・6年生が中心となって、1年生に気を配り、安全に気をつけて集団登校できています。その責任感と1年生への思いやりに感心しています。
 この時間には、新字長の司会で、登校班の集合時刻や並び方、登下校時の様子や問題点、困っていることの解消、危険個所の確認などについて話し合いました。子ども自身が話し合うことが、安全への意識を高めていきます。担当教員からは、スクールカードさんや地域の方へのあいさつや感謝することの大切さを指導しました。字別児童会の終了後、担当教員が付き添って集団下校を行い、通学路の危険個所・子ども110番の家の確認と指導を行いました。
  保護者、地域のみなさまにおかれましても、子どもたちが安心して登下校できるよう、引き続き見守っていただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 4月14日 第1回 委員会活動

令和4年度の委員会活動がスタートしました。本校では、運営委員会、放送委員会、環境図書委員会、給食保健委員会(仮称)の4つの委員会を設置し、4年生以上の子どもたちが所属しています。日常的に行う当番活動もありますが、学校をよりよく、より楽しくするための子どもたちのアイデアによる主体的な活動も大切にしています。
 第1回の活動では、委員長等の役割を決め、6年生が中心となって話し合いを進めていました。運営委員会では、リレー大会やなわとび大会などの1年間の活動計画を立て、昼休みに実施する1学期の全校遊びの具体的な計画を立てていました。放送委員会では、1学期のお楽しみ放送として、先生紹介、1年生紹介を計画していました。後半には、放送室の機器の使い方や放送の練習をしていました。環境図書委員会では、図書当番の他に、読書ビンゴやブックバイキングなどの本に親しんでもらえるイベントを計画していました。給食保健委員会では、ランチタイムカレンダーの放送以外に、クイズラリーやごみ0の日の取組をして環境を守ることの大切さを学んでもらおうと考えていました。
 6年生からはやる気と責任感が感じられ、今年から参加する4年生は高学年の姿をしっかり見て学んでいました。子どもたちの思いや願いから、より楽しく豊かな学校生活がつくられていくことを期待しています。

  • 4月14日 1年生 初めての給食

1年生にとって、小学校で初めての給食でした。給食も立派な勉強の一つで、こども園の時と違い、自分たちで準備をします。ワクワクする気持ちを抑え、しっかり先生のお話を聞きました。丁寧に手を洗い、真新しいエプロンに身を包んで、ナフキンを敷いて準備完了です。
 担任の先生をはじめ、校務員さんにもお手伝いに来ていただき、がんばって配膳をしました。緊張していますが、その分慎重に丁寧によそい、全くこぼしませんでした。見事でした。
 記念すべき初めての給食メニューは、ちらしずし、牛乳、わかさぎのかりん揚げ、赤こんにゃくの炒めもの、菜の花のすまし汁でした。この日は「滋賀県の日献立」で滋賀県の食材を使った豪華なメニューですが、グリーンピースの入った酢飯、赤こんにゃく、丸ごと食べるわかさぎなど、普段食べなれていない子もいるかと心配しました。
 「いただきます」のあいさつで、がんばって食べました。みんなと食べると特別おいしく感じるもので、苦手なものもがんばれます。食べる速さ個人差が大きいですが、わかさぎのかりん揚げは全員完食でした。静かに食べ、後片付けまでしっかりやり遂げました。
 きょうからは、毎日5時間目まであります。しっかり食べてがんばりましょうね。

  • 4月14日 クラブ活動オリエンテーション

 健やかタイムに4・5・6年生が集まり、クラブ活動のオリエンテーションを行いました。今年度も「レクレーションクラブ」「琴クラブ」「自転車・スポーツクラブ」の三つのクラブを作り、4年生以上の児童が、希望するクラブで活動します。児童数の関係でクラブの数が少ないですが、地域の方を講師に招くなどして、充実した体験ができるようにしていきます。
 この日は、6年生が自分の所属するクラブを決め、4・5年生に、クラブのリーダー、クラブの魅力、どんな活動をしていくかを紹介し、メンバーを募集しました。児童の思いを大切に他の学年とのつながりも深めてほしいと思います。
 オリエンテーションが終わると、クラブの希望調査をしました。新しくクラブ活動が始まる4年生は、昨年度のクラブ見学でやりたいクラブ活動を決めていたようで、迷わずに希望クラブを書きました。すでに来週のクラブ活動の時間が楽しみなようです。

  • 4月13日 1年生 はじめの いっぽ

 1年生は、これまで小学校生活の過ごし方について学習してきましたが、この日から、新しい教科書を使って、鉛筆を使っての本格的な学習を始めました。「楽しみなことは何ですか?」と尋ねると、「勉強です!」と答える頼もしい子どもたちです。
 国語科の時間には、まず教科書を開いて「いいてんき」を先生に続けて読みました。とても良い姿勢で張り切って読みました。次に、鉛筆の正しい持ち方を確認し、カタツムリの歩くくらいのスピードでいろいろな線を書きました。やる気と緊張が感じられました。縦線、横線、ぐるぐる線・・・とじっくりしっかり進めていきました。一生懸命に書き続け、先生に〇をつけてもらうとにっこり微笑み、さらにやる気を高めていました。
 学ぶことへの意欲にあふれる子どもたちが、学ぶことの楽しさを実感できるように支援していきます。

  • 4月13日 詩の暗唱にチャレンジ

 今年度も全校で、毎月一編ずつの詩の暗唱に取り組みます。優れた文章に触れて言語感覚を豊かにすることと、目標をやり遂げた達成感を味わわせることを目的としています。学級で練習して、担任の先生の合格をもらうと、校長室に来て一人一人暗唱します。1文字間違えても再チャレンジとなります。「合格です!」「上手に読めたね!」「リズムがいいね!」と言われると、思わずガッツポーズをするなど、とてもうれしそうです。見事暗唱すると、合格賞がもらえます。
 4月12日(火)に4月の詩を配布したところ(1年生は5月から開始)、すぐに詩を覚え、朝からたくさんの子が、校長室にやってきました。新年度の意気込みが素晴らしいです。そして、1日で22名の子が合格しました。5年生は学級の全員が合格しました。学級の団結力が感じられました。昨年度に苦労したりあきらめてしまったりした子も、暗唱にチャレンジしていました。
 まさにロケットスタートの日となりましたが、毎月地道に続けることが大きな力となります。苦手な子をその気にさせるのも学級の仲間の力です。1年間の頑張りを楽しみにしています。
 

  • 4月12日 「立腰タイム」を始めました

 伊香具小学校の朝は、「立腰タイム」から始まります。8時15分から、まず1分間、目を閉じて立腰の姿勢で過ごしごます。その後、約1分間、目を開けて校長先生のお話を聞きます。4月12日の朝から、全校で始めました。
 「立腰の姿勢」は、➀いすにしっかり腰掛ける、②両足を床にペタっとつける、➂背筋をピンと伸ばす、④手はひざの上におく、⑤呼吸を整える、という手順です。立腰している子どもたちの姿勢は、とてもかっこいいです。こうして朝のやる気のスイッチを入れ、少し緊張した状態で朝の会や授業を始めます。立腰は、姿勢がよくなるだけでなく、さまざまな効果があると言われます。立腰を提唱した森(もり)信(しん)三(ぞう)氏によると、腰骨をいつも立てて曲げないようにすることにより、自己の主体性の確立をはじめとした人間形成を実現する、極めて実践的な方法だそうです。木之本中学校でも実践されています。
 小さな頑張りでも毎日続けると、大きな成果になって表れます。現れます。1年間続けて取り組み、教育活動の効果を上げていきたいと考えています。
 

  • 4月11日 給食がスタート

 2~6年生は、今日4月11日(月)から給食が始まりました。この子のメニューは、しそごはん、牛乳、鶏肉の照り焼き、かぼちゃサラダ、わかめと豆腐のすまし汁でした。通常のメニューですが、「地域の感染レベル2」が継続中で、手洗いから身支度、給食当番のやり方、食べ方と一つ一つを確認して感染対策への意識を高める時間でもありました。
 2年生も手際よく準備でき、1年の成長を感じます。全員が前を向いて、黙食での給食になりますが、あたたかくおいしい給食を食べ、思わず笑顔になりました。「メッチャおいしい」「久しぶりでおいしい」「お肉がおいしい」「毎日このメニューがいい」と大好評でした。やはり給食の時間は楽しいようです。
 食と健康への関心を高め、さらにさまざまなところでお世話になっている方々への感謝の気持ちを持ちながら、毎日の給食をおいしくいただきたいと思います。
 「しっかり食べて、心も体も大きく成長しましょう。」(前PTA会長様のメッセージより)

  • 4月11日 集団登校~安全に気を付けて~

 4月8日に入学式を終え、今日4月11日(月)から、1年生を加えた集団登校が始まりました。各登校班とも、やさしげな表情で1年生を迎えていました。高学年の班長の子は、1年生の歩くスピードに合わせて歩く速さを調整し、安全にも気を配って登校していました。1年間、よろしくお願いします。集合時刻もしっかり守れていたようで、どの班も7時55分には、学校に到着していました。
 安全に気を付けるとともに、大切なのが「あいさつ」です。始業式では、「一つ一つのあいさつに意味が込められていて、あいさつをすることで、お互いよい気持ちになり、関係を深めていきます。しっかりあいさつできるようにしたいです。」という卒業生のメッセージを紹介しました。スクールガードさんや地域の方に気持ちの良い挨拶をしていきましょう。

  • 4月8日 入学式~ようこそ、伊香具小学校へ~

 新入生のみなさん、そして保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。
 桜の花が咲き誇る素晴らしい天候のもと、令和4年度入学式を挙行しました。入学式では、新入児童が、名前を呼ばれると、一人一人がはっきりした声で返事をすることができました。校長先生の式辞では、「命を大切にします」・「できることは一人でします」「友だちとなかよくします」という3つの約束をしました。PTA会長様からは、「優しくて頼もしいお兄さん・お姉さんが助けてくれます。先生やお父さん・お母さんもみんなのことを見守っています。今日から元気いっぱい過ごしてくださいね。」とご祝辞をいただきました。6年の代表児童は、「伊香具小学校は楽しいところです。学校で困ったときには、やさしい先生方やお姉さん、お兄さんがなんでもわかりやすく教えてくれます。はずかしがらずに、どんどん聞きに来てください。明日から、いっしょに楽しくすごしましょう。」と歓迎の言葉を述べました。
 1年生は,校長先生の話やPTA会長様からのお祝いの言葉などを正しい姿勢で聞き、とても立派でした。休み明けの11日からは、通常の登校になります。楽しい学校生活が始まります。元気に登校してくださいね。
 今もなお不安な状況の中ですが、安全を第一に、子どもたち一人一人の良さや可能性を最大限に伸ばすよう、教職員一同、全力で取り組んでまいります。保護者の皆様、地域の皆様、令和4年度も伊香具小学校をよろしくお願いいたします。

  • 4月8日 着任式・始業式~新年度の始まり~

 2~6年生のみなさん、進級おめでとうございます。
 新年度のスタートは、新しく伊香具小学校に着任された5名の先生をお迎えすることから始まりました。代表の児童が、「大好きな伊香具小学校で、先生方といっしょに勉強や運動をして、楽しい学校生活が送れるようにがんばります。よろしくお願いします。」と歓迎のあいさつをしました。教職員も、この日の出会いを生かして、伊香具小学校を日本一素敵な学校にするために、全力でサポートしていきます。
 始業式では、校長先生が、「きょうは、やる気のスイッチを入れましょう。心のスイッチが入ったら、自分の足で歩きだしましょう。自分のめあてを持って、一歩ずつ着実に歩み続けましょう。」とお話をされました。続いて学級担任の先生が発表されると、子どもたちの表情が一気になごみ、期待が感じられました。お互いに「よろしくお願いします。」とあいさつを交わしました。新しい学年で、新しい先生と、気持ちを新たにスタートです。
 みんなが一緒に勉強や運動を頑張って、一人一人がぐんぐん伸びる学校、友だちを大切にして、困っている友だちがいたらみんなで支える学校をめざしていきましょう。

  • 4月7日 明日は、始業式・入学式

 あたたかい春の日差しのもと、桜や色とりどりの花が咲き誇っています。1年生の入学や各学年の児童の進級を祝福しているかのようです。
 この日には、新5・6年生が登校し、入学式の準備をしてくれました。式の会場となる体育館は、隅々まで掃除し、いすを並べ、花を飾りました。いすは、一つ一つ丁寧に消毒しました。アーチの準備をして完了です。1年生の教室では、楽しい飾りつけをしたり黒板にかわいい絵を描いたりしました。児童机には、名前を貼って配布物をきちんと並べて置きました。
 準備が終わると、入場と歓迎のあいさつの練習をして、明日に備えました。5・6年生は、笑顔でてきぱきと準備し、1年生の入学と新年度の始まりを楽しみにしているようでした。1年生を喜ばせるために一生懸命になれる子どもたちを頼もしく感じました。
 5・6年生のみなさん、ありがとうございました。みなさんをリーダーに、楽しく仲良くかしこい伊香具小学校をつくっていきましょう。

  • 4月1日 新年度スタート~先生方との別れと出会い~

 3月31日には、本校の教職員の半数にあたる5人もの先生方が、ご退職・ご転任されました。教職員で離任式を行いました。長い間、伊香具小を支えてくださった先生方一人一人のお話に、涙がこぼれました。「がんばる子どもたち、やさしくて困ったときに助けてくれる子どもたちが大好きでした。」「伊香具でしかできない経験をいっぱいして、よい学校をつくり続けてください。」とおっしゃっていました。伊香具小学校のためにご尽力くださった素敵な先生方に、心から感謝いたします。
 翌4月1日には、新しい5人の先生方をお迎えする着任式を行いました。「伊香具小は、とてもいい学校だと聞いています。」「新しい学校に来て、ドキドキしています。全力を出し切っていきたいです。」「伊香具小に戻ってきて、子どもたちとの再会が楽しみです。」など、あいさつをされました。
 4月8日の始業式・入学式に向けて、子どもたちとの出会いを楽しみに、新たなスタートを切りました。これから1年間、子どもたちがよりよく成長できるよう、教職員一丸となって支援していきます。どうぞよろしくお願いいたします。


このページの先頭へ

information

長浜市立伊香具小学校

〒529-0431
滋賀県長浜市木之本町大音1114番地
TEL.0749-82-2209
FAX.0749-82-2683